キーボード」カテゴリーアーカイブ

Apple M0110/A キーボード用コンバータ

作るには作ったものの放置状態

もし興味ある方がいらっしゃいましたらご連絡下さい。なお純正と同じストレートケーブル専用です。クロスケーブルは当然動かないだけではなく、+5VとGNDが逆につながるという非常に危険な状態になるのでご注意下さい。

 

しかし作った3年後にこんな形で再利用されるとは、作った当時は想像もしてなかったというか。

USB HID Keyccode

表形式

キーコード 説明
00 ~ 9F 通常キー (normal keys)
背景がベージュのキーはテンキー
名前が薄いグレーになっているキーは、WIndowsでは特に何も起きないキー
0x8C のテンキーカンマはWindowsでは利用出来ません。macOSでは有効です。また、Windowsであっても98配列化ファームに書き換えている場合は有効です。
A0 ~ A2 Xsel-USB専用。USBポート切り替えキー (USB Port change)
A6 ~ A8 usb2x68専用。レイヤー切り替えキー (Layer change)
A9 ~ BF ユーザ定義マクロ呼び出しキー (Execute user define macro)
D0 ~ D2 システムコントロールキー (system control keys)
Windowsでキーボードからスリープを行いたい場合は 0x66 ではなくこちら (0xD0) を使って下さい。macOSの場合は 0x66 を使って下さい(※ macOSの場合、0xD0でも0x66でもどちらでも反応するようですが、0xD0の場合は長押しガードの設定の影響を受けます)
0xD0 ~ 0xD2については、アダプタ設定「2秒の長押しガード」の影響を受けます
D4 ~ DF 定義済みの組み込みマクロ呼び出しキー (embedded macro keys)
なお D6~D9 のテンキー「イコール、カンマ、 000、00」はWindowsでのみ利用可能で、かつ NumLockがONになっている必要があります。macOSでテンキー= (イコール) を使用したい場合は 0x67 を使用して下さい。
E0 ~ E7 通常のmodキー (Shift, Ctrl, Alt, Win)
E8 ~ FE メディアコントロールキー (media control keys)
なお定義しても実際には何も起きない場合があります (OS依存)

 

先走り仮公開

使い方

1.最初に、uploaderから設定ファイルの雛形を事前に取得しておく

2.キーボードの種別を選択する(このページのリンクから飛んだ場合は自動的に選択された状態になっています)

3.「ファイルを選択」ボタンを押して設定ファイルを読み込ませる。

4. 編集

5.設定が終わったら最後に「実行」ボタンを押すと設定内容が表示されるので、それを適当にエディタやメモ帳にコピペして保存

6.保存した設定をツールで読み込ませる

 

現時点ではマクロの定義は出来ません。

現在、そこそこまともに動きそうなテンプレート(キーボード)

X68000用キーボード
https://ixsvr.dyndns.org/uploader/kme.html?type=X68000

Apple M0116/J ADB キーボード
https://ixsvr.dyndns.org/uploader/kme.html?type=M0116

PC-9821 用キーボード  (Winキーあり)
https://ixsvr.dyndns.org/uploader/kme.html?type=PC98W

IBM 5576 Keyboard1 用
https://ixsvr.dyndns.org/uploader/kme.html?type=5576-001

富士通 OASYS OAKB-201
https://ixsvr.dyndns.org/uploader/kme.html?type=OAKB201

 

Xsel68-USB (仮

まあ、うちの会社のリモートワークは来週で終わっちゃうけどな!(会社はマイキーボード、というか私物のUSB接続禁止)

GW前くらいに形になってればリモートワーク需要でバカ売れしてたんかなぁ(そんな訳無い

 

このプロトタイプ2号でいろいろ問題点とか洗った後にプロトタイプ3号を作る予定だったけど、なんかこれで満足してしまって終わる予感。

積み課題

なかなかサイトを更新できずすみません。復旧作業ってマイナスがゼロに戻るだけなのでなんとかプラス要素を出したいところなんですが。

リモートワークでイラついたのでこんなのをでっち上げたりしてました。キーボードの任意のキーで切り替え可能です。

Xsel68-USB を名乗ってもいいですかね(ヤメロ

その後はこちら

 

usb2ps2の最新ファームがコールドブート時に固まる問題と、ps2x68の最新バージョンがランダムに固まる問題は継続調査中です(←忘れてないアピール)

 

 

Windows10で98配列USBキーボード 2020年版

何度かの Windows Update を経て、WIndows10における98配列キーボードの動作も改善されているようです。現状では「レジストリを手で修正する必要がある」ものの、修正後は問題なく利用できています

当サイトへのコメントとこちらの情報を参考にさせていただきました(感謝!

Windows10 October 2018 Update で PC-98配列キーボード
https://sk070.hatenablog.com/entry/2018/10/08/210255

 

レジストリの HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters にある LayerDriver JPN を

kbd106.dll → kbdnec.dll

に変更して、OSを再起動させるか一度サインアウトしてサインインしなおせば98配列キーボードとして認識されました。EDGEでの入力も問題ありません。また、以前見受けられた「USBポートを差し替えるとまた106/109日本語キーボードの認識に戻る」問題も発生しませんでした。

ただしこの変更(レジストリの修正)を行った後、再び106/109日本語キーボードに差し替えても98配列の認識が残るようです。まあ、その場合は再びレジストリを修正すれば良いだけですが。

上記は Windows10 Pro バージョン 1909 (November 2019 Update) で確認しました。

設定ファイルの記述について

俺メモ

設定ファイルの記述について補足

使い慣れたテキストエディタ(メモ帳とか)でプレーンなテキストファイルに設定を記述して、それをツールを使ってアダプタにインポートします。

設定ファイルは SJIS か UTF-8 (bomなし) で記述して下さい。改行コードは CRLF、CR、LF どれでも構いません。

設定ファイルには EEPROM に書き込む内容を “<EEPROMアドレス>,<値>” の書式で記述します。アドレス順になっている必要はありませんし、EEPROMの全256byte分が記述されている必要もありません。

 

記述のサンプルです

;
; 設定ファイルサンプル
;
00,A5       ;  0x00 は必ず A5 にする
;
01,04       ;  Scancode 01 を返すキーが押されたら A (0x04) を発生
02,1E
03,28
04,E0
;
7D,$00000011        ; 設定2
FF,$01100100        ; 設定1
;

 

設定ファイルには1行に1バイト分の値を <EEPROMアドレス>, <設定値> の書式で記述します。セミコロン以降の文字はコメントとして無視します。行頭にセミコロンがあればその行はコメント行とみなします。

値は16進数で記述します。なお値の先頭に “$” をつけると2進数で記述出来ます(8bitで記述して下さい)

 

基本的には設定ファイルの雛形をダウンロードして頂いて、それをお好みでカスタマイズするのがよいかと思います。

ユーザ定義マクロの記述について (その1)

俺メモ

EEPROM領域の後半128byteをユーザ定義マクロの記録に使う場合の補足。

EEPROM領域の後半128byteは以下のように8byteごとに15個の領域に区切って、呼び出しのための仮想キーコード ( [0xB?]の部分 )を割り当てています。

同様に、16byteごとに7個の領域に区切って、マクロ呼び出しのための仮想キーコード ( [0xA?] の部分) を割り当てています

なおモードによっては EEPROMの一部領域を別の目的で使用していたり、そもそもマクロが使用不可だったりするので、必ずしも128 byte全域がマクロの記録に使えるわけではありません (たとえばPS/2アダプタの mode3b については 0xD0-0xF7 の領域しかマクロ記録に使用出来ません)

必ず区切りに沿ってマクロを定義します。定義したマクロは呼び出しキーコードを何らかのキーに定義することで呼び出せます。例えば 0x80-0x87 の8バイトに定義したShort macro1 をスキャンコード 0x56 を返すキーで呼び出したい場合は設定ファイルに

;
56,B0      ; スキャンコード 0x56 を発生するキーに ShortMacro1 を割り当て
57,A0      ; スキャンコード 0x57 を発生するキーに LongMacro1 を割り当て
;

のように記述します

区切りの境界を跨いでマクロを定義することは出来ません(たとえば 8byteのマクロを0xD2-0xD9の範囲に記録することは出来ません)

 

16stepのLong Macroと8stepのShort Macroは混在可能です。ただしこの場合でも区切りの境界を超えて混在させることは出来ません。Long macroは必ず 0x?0から始まっている必要があります。以下はLongとShortを混在させて定義した例です。