ゲームコントローラー USB変換アダプタ

よくあるようなゲームコントローラのUSB変換アダプタです。サターン専用はすでに作っているのですが、コネクタ部分を交換出来るようにして汎用性を持たせました。全世界的なメガドライブミニブームにちゃっかり便乗すべく、メガドライブミニに対応しています。

 

 

 

概要

基本セットにはベース(左のユニット)の他にDB9コネクタ基板(真ん中上)が付属します。

 

このようにベースにコネクタ基板を合体して使用します。撮影のためコネクタ基板をねじ止めしていませんが、2本のねじでスペーサーに固定します

DB9コネクタ基板には設定用の5×2列のジャンパスイッチが付いています(D-subコネクタ右側)

 

背面。USB Type-Cコネクタ採用。USBコネクタ右の7×2列ジャンパスイッチを縦にショートすることで各種設定が可能です。左側のタクトスイッチはファームの更新等に使用します。
今回 USB-Type-C コネクタを採用していますが、特に抜き差しの際に上下方向に力が加わらないように注意して下さい。スルーホールの足が4本あるタイプのコネクタを使用することでこじり強度に気を使ったつもりですが、それでもUSB-Bコネクタほど頑丈ではありません。

 

対応コントローラー

変換ケーブル等を使わずにDB9コネクタ基板だけで使用可能なコントローラは次のとおりです

  • 一般的な「4方向+2ボタン+START/SELECT」のMSX/X68000/FM TOWNS用ゲームパッド
  • サイバースティック(アナログ&デジタル)
  • マイコンソフト XE-1AP (PC⇔MD切り替えスイッチはPCにして下さい)
  • リブルラブル付属のXDP-1LR
  • X68000用パックランド付属の専用コントローラー
  • メガドライブ用 付属3ボタンパッド
  • メガドライブ用 ファイティングパッド6B
  • メガドライブ用 セガタップ(マルチタップ)

メガドライブ用コントローラは上記2種しか動作確認していませんが、アーケードパワースティック等も多分動作すると思われます。その他、マイコンソフトから出ていたXE-1PROやXE-1ST/2といったPC用スティックも使えると思いますが未所持のため動作未確認です。

セガタップを利用した場合は最大で4つのコントローラが同時利用可能になります。

ATARI仕様コントローラを使うかメガドラコントローラを使うかの設定はDB9コネクタ基板上のジャンパを差し替える事で行います。このジャンパはコネクタ基板を取り外さないと変更出来ない位置にあります。

X68000用飢狼伝説に付属したマジカルパッドは使用出来ません1

チェルノブアダプタは利用出来ません。

 

ファームウェアはベースとなる基本バージョンに加えて、実験版として

  • DirectInputとXinputを切り替えて使用可能なバージョン
  • メガドライブミニで使用可能なバージョン

を作っています。これらはアップローダーから入手可能です。なおXinputで使用出来ると言ってもXBOXで使えるという訳ではありません。またXinputで定義されているボタン数に対して絶対的にボタンが少ないのでキーボード併用が必須かと思います。

メガドラミニ対応ファームは「アナログ4軸+12ボタン+HAT」までしか使えないため、アナログ5軸以上のコントローラ(ツインミッションスティックやWiiクラコン、Gamecubeコントローラ)はすべての入力を利用することが出来ません。これらコントローラをフルに使いたい場合は基本ファームで使って下さい2

 

設定

ベースユニット設定

コントローラー選択

メガドライブ設定とATARI仕様設定の切り替えは、DB9インタフェース基板上の設定も一緒に行って下さい

 

EEPROM保存設定の有効無効

EEPROMに保存してあるユーザ設定の有効無効を切り替えます

 

コントローラの状態読み込み周期の設定

コントローラの状態を読み込む周期を選択します。ショートした場合は 1/60秒周期でコントローラの状態をチェックします。通常はオープンのままで構いません(コントローラ毎の最適値となります)

PCエンジンのターボパッドの連射はコントローラの状態読み込みに同期してON/OFFを繰り返します。ターボパッド使用時にこのスイッチをショートさせると連射速度がほぼ実機と同じになります。

 

十字ボタンのアサイン先設定

十字ボタンをX/Y軸にアサインするかPOV(ハットスイッチ)にアサインするかを選択します。

なお十字ボタンとアナログスティックの両方があるコントローラー(N64やGCのコントローラ、マルコンのアナログモード等)についてはこの設定を無視します(十字ボタンは必ずPOVにアサインします)

DB9コネクタ基板設定

メガドライブモードとATARIモードの切り替え

2つのジャンパをセットで縦に挿して下さい

 

ATARIモードにおけるD-subコネクタ側ジャンパスイッチの設定

補足:サイバースティックとXE-1APにはA/Bボタンが2セットあります。(スティック上とベース上)。通常はこの2セット4ボタンをすべて異なるボタンとして認識しますが、「スティック上のA/BボタンとベースのA/Bボタンを同じボタンとして扱いたい」場合はSW2に縦にジャンパを挿して下さい。

 

5V、3.3Vと書かれた3pinのジャンパがありますが、DB9コネクタ基板の場合は必ず「5Vと真ん中」をショートするようにジャンパを挿して下さい。発送時にそのように設定しているつもりですが、もしジャンパが抜け落ちていたり「真ん中と3.3V」に挿してある場合は変更して下さい。3

 

サイバースティック・XE-1AP使用時、アナログモードだとLEDは緑で点灯し、デジタルモードだとLEDは赤で点灯します。

 

個別設定例

サイバースティック設定

DB9コネクタ基板

MD/ATの設定はATにします。図の様に2つのジャンパを縦に挿して下さい。左上の3ピンのジャンパは必ずこの位置にして下さい。

後方

一番右端の縦2ピンをショート

前方

左下の横2ピンをショート

 

  1. 持ってないので。XM6のソースを拝見する限りは単なるページ切り替え方式のようにも見えますが []
  2. 基本ファームは「アナログ6軸+16ボタン+HAT」 []
  3. 3.3V側はPSコネクタ基板とWiiコネクタ基板専用 []

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です