USBキーボードをX68000で使えるようにするアダプタ

必ず 重要な注意事項 をお読み下さい

 

USBキーボードをX68000で使えるようにするアダプタです。

LogicoolのUnifyingレシーバを使うと、このアダプタ1個とレシーバ1個でキーボードとマウスの両方に同時に対応します。

 

 

概要

  • USBキーボードをX68000で使用可能にします。
  • LogicoolのUnifyingレシーバや、その他2.4GHz無線レシーバを使えばキーボートとマウスをこのアダプタ1個で同時に使用可能です(※Bluetoothには対応していません)
  • USBハブに対応しているので、USBハブを併用すればUSB有線キーボードとUSB有線マウスの同時利用も可能です。ハブ内蔵キーボードも、ハブ機能も含めて使用可能です。なお、USBハブを使用する場合は必ず後述の「重要な注意事項」を確認して下さい
  • キー定義を2面(通常面とFn面)設定可能です。2つの定義はFnキーで切り替えることが出来ます。Fnキーも任意のキーに割り当て可能です。
  • Fnキーは「押している間だけFn面が有効 (alternate)」なタイプと、「押すたびに通常面とFn面をトグルで切り替え (momentary)」るタイプを選択して設定可能です。
  • 押している間だけFn面が有効なタイプのFnキーについては「Fnキーを押してから離すまでの間、他のキーを一切押さなければFnキーの機能を無効化して通常キーとして機能」させるワンショットモデファイアキーの設定が可能です(SandSとか呼ばれる機能)。
  • ユーザによるキー配置の変更が可能です。USBキーボードの全てのキーについて、X68000に返すスキャンコードを任意に設定出来ます。キー配置の変更はWindows上、X68000上どちらかからも出来ます。

 

 

お断り

本アダプタは同人ハードです。それなりのテスト期間を設けて動作確認を行っていますが、あらゆる環境において必ず動作することを保証するものではありません。

相性によって動かないキーボード、動かないマウスがきっとあります。本アダプタは Unifying キーボード&マウスの動作については保証致しますが、それ以外のキーボード・マウスについては動作を保証致しません。自己責任で使用してください。

いかなる場合においても、本アダプタを使用したことによって生じた逸失利益、特別な事情から生じた損害(損害発生について予見し、または予見し得た場合を含めて)、および第三者からの損害賠償請求に基づく損害について、使用方法を問わず当方は一切の責任を負いません。

組立てには有鉛ハンダを使用しています

予告無く仕様、本ドキュメントの内容を変更する場合があります

 

 

使い方

アダプタにキーボードを繋いだ後、アダプタをX68000に繋いでください。アダプタが正常に機能していればアダプタ上のLEDが点灯します。

アダプタがX68000につながっている状態でUSBデバイスを外したり繋いだりしても問題ありません。逆に X68000のフロントスイッチがONの状態(POWER LEDが緑の状態)でアダプタを抜き差しするのは出来れば控えて下さい。

USBハブを併用した場合にキーボード・マウスが認識出来ない(動かない)等、ちょっと不安定な挙動をすることがあるようです。そんな場合はキーボード・マウスを一度抜いて挿しなおす、違うポートに接続する、キーボードとマウスの接続ポートを入れ替える、等を試して下さい。一度正常に動くようになれば、あとはX68000の背面電源SWをOFFにしない限りは問題なく動くかと思います。多分

キーボードのキーリピート時間の設定はX68000が起動する最初のタイミングでしか行われません。起動後にアダプタを抜き差しした場合はSRAMの設定に関係なく、キーリピート時間は初期設定となります。その場合はリセットボタンを押すなりしてX68000を一度再起動すればSRAMに設定されたリピート時間がアダプタに反映されます。

 

 

重要な注意事項!(必ず読んで下さい)

USBコネクタに消費電力の大きそうなデバイスは絶対に繋がないで下さい。絶対にです。

ご存知のとおり、X68000 のキーボードは本体の電源がOFFであっても常時通電しています。1

これは本体がOFFであってもキーボードから専用モニタTVが制御出来る、というX68000の特色の一つでもあります。今となっては盲腸みたいな存在ですが・・・

この為、本体マザーボードに供給される5Vの電源ラインとは別に、本体電源がOFFでも常時給電される5Vの電源ラインがキーボードに使用されています。ATX電源で言うところの5VSBです。

このキーボードに電気を供給している5VSBは非常に給電能力が弱く、5Vを生成しているICの定格が500mAしかありません。実際には放熱の関係もあり、安全に使用出来るのは250mA未満と思われます2。 この250mAのうちX68000本体内部と本アダプタで消費される分を除けば、キーボードに安全に供給できるはせいぜい100mA前後と思われます3

よって消費電力の大きいキーボードは絶対に繋がないで下さい

  • LEDが沢山ついたゲーミングキーボード
  • 静電容量スイッチを採用しているキーボード(リアルフォース系)
  • PS/2キーボードをUSB変換して使用する

このあたりは原則禁止です(3番目のPS/2キーボードについては、古いキーボードの中には消費電力の大きいものがあったりするので)。またバスパワーハブを間に挟んでキーボードを複数同時に繋ぐ、といったことも禁止です。どうしても使いたい場合はセルフパワーハブとの併用を検討して下さい。

 

と、ちょっと脅すような記述になってしまいましたが、いまどきの「メンブレン/パンタグラフ」タイプの安いビジネスキーボードなら神経質になる必要はありません。せいぜい数十mA程度しか使いません。ちなみに Unifying レシーバは1個で20mA程度です。X68000の電源を労わるという観点では2.4GHz無線レシーバが一番安心出来るかと思います。また「USBチェッカー」も安く買えますので(Amazonで1200円くらい)、使いたいキーボードの消費電流を事前に確認するのもアリかと思います※参考)※強く推奨

 

2021-09-20 追記

バスパワーハブの使用も原則禁止とします

ハブを使う場合はセルフパワーハブを使って下さい。バスパワーハブを使う場合は、前述のUSBチェッカー等で「ハブ+キーボード(+マウス)」の消費電力が100mA程度に収まっていることを確認したうえで自己責任で使って下さい。

Elecomの4ポートハブ U2H-G4SCR がポートに何のデバイスを繋いでいなくてもハブ単体で270mAも消費する事が分かったので急遽この注意を追記しました4

 

 

キー配置

デフォルトのキー配置です

 

キー配置カスタマイズのサンプルです(sample1)。NumLockキーをCLRキーかつ「押している間だけ有効」な Fnキーに設定して、「単独打鍵時はCLRキー」「他のキーと一緒に打鍵した場合はFnキー」としています。その上で

  • Fn + テンキー /  → 記号入力
  • Fn + テンキー* → 登録
  • Fn + テンキー - → HELP

としています。

発送時はこの sample1 を適用してから発送しています

 

 

仕様制限事項

Fnキーの仕様について

任意のキーを「押している間だけ有効な Fnキー」とし、かつワンショットモデファイアキーとした場合、単独打鍵時は「キーを離した時」に「キーオン&キーオフ」が発生します。また処理の都合上、キーリピートは発生しません。

もうちょっと具体的に書くと、例えば NumLockキーを「単独打鍵時はCLR、別のキーと組み合わせて打鍵した場合はFn」と設定した場合、NumLockキーを離したタイミングで X68000には「CLRキーのON&OFF」が通知されます

「Fnに設定したキーが押されてから離されるまでの間に別のキーが押されたか?」というチェックをキーを離したタイミングで行っているが故の仕様です

 

 

キーマップのカスタマイズについて

キーマップを定義したテキストファイルを作成し、それをツールを使ってアダプタに反映させる流れになります。

Windows上から、あるいはX68000の実機上から設定が可能ですがそれぞれの方法において以下の留意点があります。都合のよい方法を選んで下さい

(Windows上から設定を変更)

  • USB-A ⇔ USB-A ケーブルが必要です (Need  “USB-A ⇔ USB-A”  cable)
  • 磁石が1つ必要です。100均で売っているような安い物で十分です。
  • マイコンベンダー(中国WCH社)の開発ツールをインストールする必要があります(1.5MB)
  • Windows10 のみ動作確認済み (Windows10 only)

(X68000実機上で設定を変更)

  • 特殊なケーブル等は不要ですが、設定ツールをなんとかしてX68000実機上に持っていく必要があります

 

定義ファイルの作成

定義ファイルは通常のテキストファイルです。テキストエディタ等で記述して下さい。

Windows上で設定を変更する場合でも、X68000実機上で設定を変更する場合でも同じフォーマットの定義ファイルを用意します。ただし X68000実機上で設定を変更するための定義ファイルは「文字コード SJIS、改行 CRLF」として下さい。

定義ファイルは「1行1キーでUSBキーボードのキーコードと、対応するX68000キーボードのスキャンコードをカンマ区切りで記述」します。これをキーの数だけ列挙します。

以下記述ルールです

  • 1行1キー
  • USBキーボードのキーコードと、対となるX68000キーボードのスキャンコードをカンマ区切りで <USBキーボードのキーコード>,<X68000キーボードのスキャンコード> のように記述
  • セミコロン以降はコメント。行頭がセミコロンなら行全体がコメント
  • Fn面はUSBキーボードのキーコードに +0x100 を足す
  • キーコード 0x00~0x03 と、0x100~0x103 は特殊用途(後述)

以下に一例を示します

;
00,A5     ; セミコロン以降はコメント
01,53     ; Fnキー (alternate)
02,00     ; Fnキー (momentary)
03,00
;
35,01     ; USBキーボードの全/半(35)が押されたらX68に01(ESC)を通知
2B,1D     ; USBキーボードのTab(2B)が押されたらX68に1D(TAB)を通知
;
154,52    ; Fn+テンキー/ (54) が押されたらX68に52 (記号入力) を通知
155,53

 

  • 1行目、6行目、9行目はコメント行です
  • 2行目、キーコード 00 には必ず A5 を固定で設定して下さい
  • 3行目と4行目、キーコード 01と02にはFnキーとして使いたいキーのキーコードをカンマの右側に書きます。キーコード01には「押している間だけ有効なFnキー」を、キーコード02には「押すたびにトグルで切り替わるFnキー」を記述します。上記例では押している間だけ有効なFnキーとして NumLock(53) を設定しています。設定しない場合は 00 を記述して下さい(4行目)
  • 5行目、キーコード 03は将来の予約のため必ず 00 として下さい
  • 7行目、USBキーボードのキーコード35 (= 全/半キー) が押されたら、X68000にはスキャンコード 01 (=ESC) を通知します
  • 8行目、USBキーボードのキーコード2B (= Tabキー) が押されたら、X68000にはスキャンコード 1D (= TAB) を通知します
  • 10行目、Fnキーが押されている間 (+0x100) にテンキー/ (54) が押されたら (※よってキーコードは154)、X68000 にはスキャンコード52 (= 記号入力) を通知します

 

ゼロから記述するのは大変なので定義ファイルの雛形をダウンロードして、カスタマイズしたいキーだけ変更して使用するのが良いと思います。ファイル config_sample に雛形ファイルが入っています。

 

日本語109キーボードのキーコードです

 

X68000 純正キーボードのスキャンコードです

 

参考) ANSI 104 Keyboard 向け設定例

英語104キーボードを使うためのキー配置を考えてみました。X68000純正フルキーボードが113キーに対して英語キーボードが104キーなのでキーが全然足りません。なにより、スペースバー段のキーが日本語キーボードと比較して圧倒的に足りません。

とにかく「XF1~XF5とOPT.1とOPT.2」を最下段に並べることを最優先して以下のような感じにしてみました。それと、可能な限り “104” キーボードを探して下さい(右Winが省略されて、代わりに Fn になってるキーボードが最近は多いようなので)

ファイル comfig_sample の us104 フォルダに雛形のファイルを入れてあります

「ろ」「かな」「ひらがな」はどこにもアサインされてないけどどうせ使わないよね(ぉ

実は英語104キーボードの「space barの左に3キー、右に4キー」と言う並びはX68000純正フルキーボードと同じです。OPT.1とOPT.2を最下段に配置する必要が無ければF11、F12あたりに持っていくことで、もうちょっと純正キーボードに近い配置に出来ると思います。

 

Windows上から設定を変更

長くなりそうなので別ページにジャンプします
Windows上から設定を変更する方法

 

X68000実機上から設定を変更

X68000が起動したら

A&amp;gt;CONFIG.x &amp;lt;設定ファイルのファイル名&amp;gt;

で実行するだけです。実行状況がつらつらと画面に出力されます。

設定反映が終わったら念のためX68000は再起動して下さい

 

動作確認リスト

動いたものは〇、動かなかったものは×、注意事項があるものは△

ワイヤレスデバイスの消費電力はレシーバの値です。消費電力はUSBチェッカーによる測定です。数mA 程度の誤差はあると思います。

なお同キーボード・マウスであっても製造時期やロットによって内部が微妙に変更されている可能性は否定出来ないのであくまで参考情報として捉えてください(例えば Unifyingレシーバは古いものと新しいもので5mA程度消費電力が違うようです)

キーボード

メーカー 型番 ver1 ver2 備考 消費電力
Logicool K400 plus ワイヤレス。unifyingキーボード 24 mA
K275 ワイヤレス。unifyingキーボード 24 mA
Lenovo KB1021 US Layout 13 mA
SK-8825
LXH-EKB-10YA × 24 mA
apple A1048 × HUB内蔵
※内蔵HUBも使用可能を確認済み
21 mA
elecom TK-FDM063BK ワイヤレス。製造時期によって相性問題あり?
2021年購入のものは正常に動作
TK-FDM086BK ワイヤレス
TK-FDM109MBK ワイヤレス
TK-FCM062BK
DELL KB212 US Layout
KB212 日本語レイアウト
東芝TEC 事務コンキーボード × HUB内蔵のRev:01A
富士通 Libertouch のOEMモデル
21 mA
AOTEC AOK-JUBK
サンワサプライ SKB-LUBKN

マウス

メーカー 型番 ver1 ver2 備考 消費電力
Logicool M585 ワイヤレス。Unifyingマウス 24 mA
M546 ワイヤレス。Unifyingマウス 24 mA
M235 ワイヤレス。Unifyingマウス 24 mA
K400 plus のタッチパッド ワイヤレス 24 mA
M100r
elecom TK-FDM063 付属マウス ワイヤレス。製造時期によって相性問題あり?
2021年購入のものは正常に動作
TK-FDM086BK 付属マウス ワイヤレス。
TK-FDM109MBK 付属マウス ワイヤレス。
ダイソー ワイヤレスマウス No27 ワイヤレス。300円
microsoft Basic Optical Mouse
Optical Mouse 200
Wireless Mobile Mouse
1850
ワイヤレス
SONY SCPH-10230 PS2 Linux kit 付属のマウス
Lenovo LXH-EMS-10ZA
DELL MOC5UO
amazon ベーシックマウス 型番 MSU0939

USBハブ

メーカー 型番 備考
I/Oデータ US3-HB4
Buffalo BSH4AE06
Elecom U2H-G4SCR バスパワーでの使用厳禁 (消費電力 270mA前後)

 

配布について

BOOTHで配布中です → BOOTHの商品ページ

 

ダウンロード

ダウンロードパスワード、解凍パスワード共通で半角英小文字 「d●●●●●●●t」です。(購入された方に個別にご案内させて頂きます)

 

  1. compact型を除く []
  2. 損失1.8Wとした場合 []
  3. 純正電源をATX電源+変換ケーブルに置き換えているとかで電源が強化されていれば話は違ってくるかもしれません []
  4. でもハブ単体 270mA はどっかおかしい気がします []

2 thoughts on “USBキーボードをX68000で使えるようにするアダプタ

  1. fes 投稿作成者

    現在分かっている相性問題
    Elecom TK-FDM063BK(マウス同梱版)

    【キーボード】
    高速に入力するとチャタリング?のような挙動をする場合がある(例:d_e_l と入力すると d_e_d_l のように “d” が2度打鍵されたようになる)

    【マウス】 S/N 1100xxxD (xの部分は数字ですがマスクしています)
    動かない

    2021/09/16にAmazonに注文して購入したもの(S/N 1606xxxE)ではキーボード・マウスとも正常に動作しているのでロットによる違いが疑われます

    返信
  2. fes 投稿作成者

    まさかハブに何も繋いでなくても、ハブ単体で300mA弱も使ってるとは思わなかった・・・
    「ハブ単体で数十mA + 繋いでるデバイスの消費電力」 程度しか食わない省電力ハブはないんだろうか

    Appleのキーボード A1048 が2ポートHUB内蔵だけど全体で25mA程度しか使ってないし、Elecomのハブがちょっと食い過ぎという気がしないでもないんだけど。

    「USBハブ対応」は謳わないようにして、単に「USBハブ機能内蔵のキーボードも使用可能」「USBハブ単体の使用は禁止」としたほうがいいのかな・・・

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です