ULE4JIS

神ツールの紹介

インストール不要の小さいツールだけど、これを立ち上げている間だけ繋がってるキーボードを全部英語配列とみなしてくれる。WIndowsの設定が日本語キーボードの設定でも、OSの設定やらレジストリやらを一切変更することなくこのツールを立ち上げるだけで英語キーボードを正しいキー配置で使用できる。

マジで神ツール。英語配列と日本語配列をとっかえひっかえ使う場合はマジ必須。作者様に圧倒的感謝。

 

LEDの点滅パターンについて

LEDの点滅パターンは4通りから選択出来ますが、アダプタの初期設定は「1秒ごとに点滅+キーを操作したタイミングで状態反転」です。

ただし、最近の発送分については発送前の動作チェックの際にLEDの点滅パターンが正しく変更出来るか確認したうえで「キーを操作した瞬間に短く点滅」の設定で発送しています。

uploaderに登録されている設定雛形、設定例はほぼすべてLEDの点滅パターンは初期設定となっていますので、「設定ファイルを食わせたらLED点灯パターンが変わった」と言う場合はパターンの変更も実施して下さい

LED点灯パターンの指定はアドレス 0x7D への設定で行います

7D,00      ; アダプタの初期設定。1秒ごとに点滅+キー操作でLED反転
7D,01      ; 最近の発送時設定。キー操作で短く点灯
7D,02      ; キーを押している間だけ点灯
7D,03      ; 完全に消灯

ある時期までのアダプタはそもそもLEDが非常に眩しい回路となっていたのですが、今はやや明るさを抑えた回路に変更しています。

 

サーバー障害

すいません、割と長時間アクセスできない時間帯がありました

別件でサーバーマシンがぱっつん落ちたときにFreeBSDの仮想VMにおいてファイル不整合が生じたようで、サーバーを再起動してもFreeBSDが立ち上がらなくなっていました。

FreeBSDのファイルシステムってこんなに電源断に弱かったっけ???

とりま、Hyper-V側で正常な状態のSnapshotを取得しておいて、次に同じことが起きてもすぐに復旧できるようにだけしました。

M0110

ALPS SKCC 長軸とM0110AのCapsLockキーキャップを組み合わせて、元のキーキャップとSKCC LOCKを置き換えた場合。このように全く違和感なし。問題はSKCC長軸スイッチもM0110Aのキーキャップもどっちもebay辺りで入手しようとすると結構な値段になる事か。

まあWindowsで使うとか変態な事を考えない限り、別に交換する必要はないんだけど。

usb2ps2 修正 (その2

よくあるような「スクリーンセーバー殺し」の機能を実験的に追加しました。

設定の最上位ビットを0にすると有効になります

FF, $0xxxxxxx

 

有効にすると、一定の時間(250~300秒程度)キーを操作しなければスキャンコード 0x9E のキーを短くON & OFF します(デフォルトは WIndowsで無視される F22 キー)

リモートワークで Microsoft Teams を使っていて、仕事サボってる間にスクリーンセーバーが起動して在席ステータスが「離席中」になるのが困るという方はどうぞ

usb2ps2 ファームウェア 3.0-rc7p2

 

usb2ps2 修正

ファームウェア3.0において、PC起動からWindowsのログイン画面が表示されるまでの間にキーボードを操作すると、ログイン画面でキー入力を一切受け付けなくなる問題に対応しました。指摘を頂いてから対応まで時間が掛かってすみません。

usb2ps2 ファームウェア 3.0-rc7p1

 

3.0で問題が生じている場合にお試し下さい。

なお3.0-rc7との違いはLED点灯パターンを設定出来る点だけなので、rc7で特に不便を感じなければファームウェアを更新する必要はありません。(ただ、rc7の頃に配布したアダプタはLEDがかなり明るい設定なので、「LEDが眩しくてウザイ」 と言う場合はこちらのバージョンをお試し下さい)