Apple Macintoshキーボード (M0110/A) USB変換アダプタ

通常版のアダプタ

 

切り替え機一体タイプのアダプタ

 

 

Scancode

M0110

 

Aのキーのスキャンコードは本当は 0x00 ですが、アダプタの内部都合で 0x3F に変更しています。

 

Download

 

Memo

Caps LockキーにCtrlを割り当てたくなるところですが、この時代のAppleのメカニカルキーボードは当然のようにプッシュロックキーです。

ロックピンを除去するにははんだを除去してキーを基板から外す必要があります(プレートに固定されたままだと、ケース上下の噛み合わせの爪が外せません)

ロックピンの除去自体は(キーを基板から取り外せれば)容易ですが、CapsLockキーだけバネが強いため、他のキーに比べて押し下げ圧が強い(キーが重い)です。

かといって使用頻度の低い1 キーと入れ替えが出来るかと言うと、これまた CapsLockキーだけ軸の長さが他のキーと違って短いため、他のキーとの入れ替えも出来ません。

 

自然な打鍵感でCapsLockをCtrlとして使おうと思ったら

案1) 短い軸の非ロックスイッチに入れ替える
案2) 長い軸の非ロックスイッチと入れ替えた上で、M0110Aのキーキャップと交換する
案3) バネを切り詰めるなどして押し下げ圧を調整する

などいくつか手法が考えられますが、どれも一長一短ありで悩ましいところです

 

  1. これだけキーの数が少ないと使用頻度が低いキーはあまりない気もしますが []

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です