ch30_omake.sys との相性問題について

ch30_omake.sys あるいは ch30new_omake.sys がSRAMに常駐しているマシンにおいてUSBキーボードアダプタを使用した場合、マシン起動時にアダプタのLEDが消えることがあります

LEDが消灯した場合、以下のような不具合が生じます

  • キー入力が一切出来なくなる
  • ファイラー mint 使用時、カーソルキー上下でカーソルを動かした場合に高速スクロールが止まらない(キーを話してもスクロールが止まらず、ファイル一覧の最後までスクロールしてようやく止まる)
  • ファイラー mint 使用時、キー入力を取りこぼすことがある
  • etc

一度この不具合が発生すると X68000 をリセットしても解消されません(というかリセット→再起動で再び ch30_omakeが動くのでリセットの意味が無い)

 

原因ですが、USBアダプタが予期せずメンテナンスモードに遷移していた為でした。(ch30_omake.sys の名誉のために強調しますが、ch30_omake.sys に原因はなく当アダプタの考慮漏れが原因です)

 

対策版のファームウェアを作成しましたので、ch30_omake  がインストールされているマシンでUSBアダプタを使うことがある場合はファームウェアの更新を行って下さい。

なおファームウェアを更新するとキーマップのカスタマイズは初期化されます。キーマップをカスタマイズしている方はファームウェア更新後に改めて設定を反映させて下さい。

 

ファームウェアの更新には

  • 開発ツールのインストール
  • 磁石
  • 両端が USB-A のケーブル

が必要です。USBケーブルはちょっと特殊なので持ってない方がほとんどだと思われますが…  すみません。

なおUSB Type-Cポートがあるマシンにおいて「USB Type-C ⇔ USB-A」と言うケーブルを使ってのファームウェア更新は出来ません。両端がUSB-Aのケーブルを用意して、PCのUSB-A端子にアダプタを繋いで下さい。

 

ファームウェアはこちらのリンクからダウンロードして下さい。DL、解凍パスワードは「d●●●●●●●t」です

Firmware_20211229

 

2022.01.11 追記
現在「キーボードによってはチャタリングのような動作をする」不具合についても対応を進めており、修正は完了していて動作確認中です。問題がなければチャタリング問題に対応したファームを公開致します。よって今ダウンロードされても近日内にさらにバージョンがあがる可能性があります。お待ち頂けるのであれば、今しばらくFW更新をお待ち頂いたほうが良いかもしれません。

 

ここで公開しているファームウェアはBOOTH経由で購入されたアダプタ専用です。BOOTH以外で入手された方(人柱版を含めて)はこのファームは適用出来ませんので、ファーム更新を希望される場合はメールアドレスを記載してコメント欄にてその旨ご連絡下さい。

 

ファームウェアの更新手順はこちらをご覧ください

 

ファームウェア更新について不明な点等がありましたらコメントかメールでお気軽にご質問下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です