ArdSCSinoシールド

仮置き

 

 

特殊用途向け・内蔵用共通

ターミネーターについて

SCSIバスの両端にターミネーターが必要と言うのは知っている方も多いかと思いますが、SCSI機のX68000は次のようになっています

HDD内蔵じゃないSCSI機の場合

外部SCSIコネクタ基板にターミネーター(集合抵抗)が取り付けられています。青色のゲジゲジが集合抵抗(220/330Ω)です

 

HDD内蔵のSCSI機の場合(フロントのX68000のロゴのところに “HD” とあるモデル)

内蔵HDD上にターミネーターも一緒に実装されています。外部SCSIコネクタ基板にはターミネーターがありません。この場合SCSIバスの「両端」ではなく「片端」にしかターミネータが存在しない事になりますが、まあ純正が最初からそういう構成なので大丈夫でしょう。

X68000のSCSI機は、SCSIバス上に最低1箇所はターミネータが存在しないと起動すらしません(電源を入れても画面に何も出ないままフリーズします)よって、現状でX68000がちゃんと起動するなら、最低でもどこかに1箇所はターミネータが存在している事になります

 

本題です。当方が配布しているシールドにはターミネータはソケットのみ実装で、集合抵抗は付いていません。ターミネータが不要なケースがほとんどと思われたので価格を抑えるための判断ですが、唯一問題になりそうなのは

中古のHDD内蔵モデルを購入したが、データ破棄のため内蔵HDDは取り外されていた

と言う場合です。この場合外部SCSIコネクタ基板上にターミネータはなく、かつ内蔵HDDに直接実装されていたターミネータも取り外されているので、そのままではSCSIバス上にターミネータが存在しません。(なおこの場合、そもそもそのままではX68000が起動しないと思われます)

外部SCSIコネクタ基板にターミネータ用のソケットは存在するので「9素子11ピンの220/330Ω集合抵抗」を別途入手して差し込めばOKですが、この集合抵抗は全然売ってません。

 

9素子10ピンの220Ω集合抵抗2つと、同じく9素子10ピンの330Ω集合抵抗を2つ、シールドの空きソケットに挿すことでシールド上のターミネーターを有効に出来ます(※内蔵モデルの場合のみ)

下図を参考に、SCSIコネクタに近い側に220Ω、マイコンボードに近い側に330Ωを挿して下さい。集合抵抗の1ピンを「▽」の位置にあわせて下さい。

 

空きソケットに集合抵抗を挿す場合は、ソケットと外部電源端子の間にあるジャンパ(JP3:ターミネーター電圧設定)を 5 とセンターをショートするように必ず設定して下さい。

 

ターミネーターでお困りの場合はメール・コメント等でご相談頂ければ実費+送料でお分け出来るかもしれませんのでご連絡下さい。

 

SASI機の場合

SASI機の場合はHDD内蔵モデルか否かに関係なく、コントロール基板上(底基板上)にターミネータ用の集合抵抗が直接実装されていたと思います。なのでSASI機で使う場合は通常はターミネーター不要、と思っていますがSASI機持ってないのでどなたか情報お待ちしています…

 

 

内蔵用について

電源について

X68000のSCSI機に内蔵する場合、通常はSCSIバスから電源を取得しますので外部電源コネクタからの給電は不要です。電源選択のジャンパ JP4 は T とセンターをショートして下さい。

X68000のSASI機に内蔵する場合やSCSIバスから電源を取得できない場合は外部電源コネクタから電源を供給して下さい。電源選択のジャンパ JP4 は E とセンターをショートして下さい

 

microSDカードスロットについて

初期ロットのシールドはmolex社製のmicroSDカードスロットを使用していますが、2ndロット以降はヒロセ製に変更しています。

左がmolex製、右がヒロセ製です。

molex製のスロットの場合はSDカードを取り出す際はそのまま水平に引っこ抜いて下さい。なおカードスロットの強度があまりありませんので絶対に斜め方向に引っこ抜かないようにして下さい。

ヒロセ製のスロットの場合はSDカードを取りだす際は一度軽く押し込んで下さい。ロックが外れたらバネの力で押し出されます。

 

LED連動について

内蔵用シールドにはLED連動に関するジャンパスイッチがあります。環境に応じて以下のように設定して下さい。(2mmピッチの小さいジャンパのためジャンパーピンの紛失にご注意下さい)

BluePillマイコンボードに近い方がJP1、SCSIコネクタに近い方がJP2です。

 

JP1:LEDの点灯論理設定

LEDを吐き出しで点灯(Hiの出力で点灯)とするか、吸い込みで点灯(Loの出力で点灯)とするかを設定します

1-2 をショート:吐き出しで点灯  (ACE、EXPERT等 SASI機はこちら)
2-3 をショート:吸い込みで点灯  (SUPER、XVI等 SCSI機はこちら)

注意
SCSI機においては絶対に 1-2 ショートとしないで下さい。

 

JP2:LED制御信号の50ピンコネクタ接続設定

BluePillマイコンボードのIOピン (PA2) から出ているLED制御信号をSCSI 50ピンコネクタに接続するか、切り離すかを設定します。よって26ピンモデルのシールドの場合は本設定は特に意味を持ちません。

1-2 をショート:LED制御信号をSCSI 50ピンコネクタの34ピンに繋ぎます
2-3 をショート:LED制御信号はSCSI 50ピンコネクタに繋ぎません

SCSI 50ピンコネクタの34ピンがLEDアクセスとなっているのはSHARPの独自規格で、通常は34ピンは未使用です。純正の内蔵ケーブルを使用している場合はJP2の 1-2 をショートすることで本体のHDD BUSY LEDが点灯します。自作の内蔵ケーブルを使用したり、市販のHDDケースの内部に組み込むような場合は安全の為に JP2の 2-3 をショートして SCSIコネクタとLED制御信号を切り離して下さい。

 

20ピン⇔26ピン変換アダプタについて

アダプタをシールドの26ピンソケットに接続する際、左右に1ピンずれて挿すことが出来てしまいますのでずれる事の無いようご注意下さい。

 

 

簡易マニュアル

SCSI編

フォーマットしたSDカードにHDDイメージファイルを格納するだけです。

HDDイメージファイルのファイル名は必ず “HD<ID>0_512.HDS” として下さい。IDは0~6の範囲で指定して下さい。以下例

HD00_512.HDS  ← ID 0 のSCSI-HDDとして認識されます
HD10_512.HDS  ← ID 1 のSCSI-HDDとして認識されます

イメージファイルの作成はXM6系エミュレータの機能を使用するのが簡単でよいと思います。メニューの「ツール>イメージ作成>SCSIハードディスクイメージの作成」から作成して下さい。

この事からお分かりのとおり、HDDイメージファイルはエミュレータと共通です。エミュレータ上である程度環境を作ってから実機にHDDイメージファイルを持っていく、といった使い方が出来ます。

Windowsと実機の間でのファイル交換もエミュレータ+WindrvXM経由で行う事になります。

 

SASI編

フォーマットしたSDカードにHDDイメージファイルとフラグファイル(後述)を格納します。

HDDイメージファイルのファイル名は必ず “HD<ID><LUN>_256.HDF” として下さい。IDは0~6の範囲で、LUNは0か1を指定して下さい。また、ファイルの拡張子は必ず HDF です。以下例

HD00_256.HDF
HD01_256.HDF
HD10_256.HDF
HD11_256.HDF

複数のイメージファイルをSDカードに格納する場合は無用なトラブルが起きないよう、原則として以下のように連番でファイルを格納して下さい

ID0のLUN0  (HD00_256.HDF)
ID0のLUN1  (HD01_256.HDF)
ID1のLUN0  (HD10_256.HDF)
ID1のLUN1  (HD11_256.HDF)
ID2のLUN0  (HD20_256.HDF)

ID6のLUN1  (HD61_256.HDF)

イメージファイルの作成はXM6系エミュレータの機能を使用するのが簡単でよいと思います。メニューの「ツール>イメージ作成>SASIハードディスクイメージの作成」から作成して下さい。

HDDイメージファイルはエミュレータと共通です。エミュレータ上である程度環境を作ってから実機にHDDイメージファイルを持っていく、といった使い方が出来ます。

 

SASI運用の場合はさらに “x68sasi.txt” というフラグファイルを作ってSDカードに格納します。テキストファイルの中身は “50” とだけ記載して下さい

ファームウェアはこのファイルの有無を判断して、SCSIとして動くかSASIとして動くかを設定します

 

最後に、X68000 実機において switch.x で “HD_MAX” に認識させたいHDDの台数を設定して下さい(忘れがちなので注意)

 

その他

ソースコード

ardSCSino2_ソースコード

 

オリジナルからの変更点は次の2点です

  • 外部LEDのためのIOポート(LED2)をPA0からPA2に変更
  • SASI-HDDのイメージファイルの拡張子をHDSからHDFに変更

 

 

 

参考) X68030 コントロール基板のSCSIコネクタ

上図では見切れてますが4pinがLEDです

※ X68030 Inside/Out 付録の回路図より引用

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です