富士通 FM16β キーボード USB変換アダプタ

コネクタはDIN8ピンですが専用基板を作るほど需要があるとは到底思えないので、変換ケーブルでミニDIN8ピンにしてから拙作のPC-9801キーボード用変換アダプタに繋いでいます(無論ファームはFM16β専用のものに入れ替えます)

usb2fm16b

 

FM16βのキーボードは

  • キーが押されたらそのキーに記載されている文字のコードを返す「コードモード」(FM11互換のモード)
  • キー1つ1つに一意に割り振られたスキャンコードを返す「キーアドレスモード」

の2つのモードがあります。コードモードはキーを押下したタイミングでしか通知が発生せず、キーを離したことが通知されません。キーアドレスモードはMakeとBreakをちゃんと返します。

本アダプタはキーアドレスモードで動作します。よって残念ながらFM11用のキーボードは使用できません。

 

Scancode

FM16B

 

3つあるLEDのうち、CAPとカナのLEDはON/OFFのコマンドをホストからキーボードに送信することで制御可能です。INSのLEDはLED制御線がコネクタにそのまま出ています。

本アダプタは3つのLEDをすべて使用しています

CAP → CapsLock
かな → ScrollLock
INS → NumLock

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です