月別アーカイブ: 2019年6月

configtool (コマンドライン版)

1 Safariでup0036.zipをダウンロードします。通常ならダウンロードフォルダに保存されます

スクリーンショット 2019-06-20 22.31.19

2 このup0036.zipを開きます。通常ならダウンロードフォルダ内に展開されて configtool_osx というフォルダが出来ます

スクリーンショット 2019-06-20 22.32.44

3 この configtool_osx フォルダを開くと、中にimport というファイルが1つ存在します。これが実行ファイルです

スクリーンショット 2019-06-20 22.33.00

4 事前に開いておいたターミナル(※ターミナルの開き方は省略します)に、このimportをマウスでドラッグ&ドロップします。ターミナルにフルパスでimportが記述されるはずです

スクリーンショット 2019-06-20 22.34.04

5 ” -f ” までキーボードから入力して(’-f’ の前後にスペースがあります)、続けて読み込みたい設定ファイルをドラッグ&ドロップします。設定ファイルのフルパスがターミナルに反映されます。下図ではデスクトップ上に置いてある設定ファイルで手順を行った場合の例です。

スクリーンショット 2019-06-20 22.38.13

6 ここまでの手順が終わったら、設定変更を行いたいアダプタをメンテナンスモードにした後に、ターミナル上でエンターキーを押します。この為には別のUSBキーボードをもう一枚用意するか、下図のようにソフトウェアキーボードを併用する必要があります。(ソフトウェアキーボードの出し方は省略します)

スクリーンショット 2019-06-20 22.45.20

7 正しい手順で進んでいれば “device found” というメッセージが表示されてしばらくした後、プログラムが終了します。その後、設定を反映させるためにアダプタを一度Macから取り外して再度USBポートに繋いで下さい

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

PC-9801-114 (その2

いわゆるPC-PTOSキーボード

とりあえず解析&対応完了。3つあるLEDもCapsLock、NumLock、ScrollLockにそれぞれ対応。一部のキー(PF16~PF22)のスキャンコードが2バイトに拡張されてたのがちょっと予想外だったけど。

DSC01213

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+