月別アーカイブ: 2017年11月

X68000用PS/2マウス変換アダプタ作りかけ

一応正常に動いていますが、やや問題ありの部分が解消出来ないので。

手抜きの回路図?です

x68_mouse

例によって68本体とマイコンと繋ぐ線の間には100Ω程度をはさんで下さい。同様に、マイコンとPS/2コネクタの間も330Ωを直列にはさんで下さい(必須)。後は適当にVCCとGNDの間に0.1μF程度のパスコンを入れるとか、68のマウス端子から取り出したVCCにはポリスイッチを直列に入れるとか、その辺はキーボードアダプタの回路図を参考にして下さい。手抜きですみません

ファームです。PICKITとかで書き込んで下さい。

ps2ms_x68.zip

で、問題なく動くものの、純正マウスに比べて動きがどうにもぎこちない気がします。カウントの問題なのかなぁ?PS/2マウスは9ビットの符号付でX68マウスは8bitの符号付なので値を1/2にして68側に流してるだけなんですが・・・HIOCS.x にマウス速度の調整機能があったと思うんですが試していません。

一応うちのXVIでは動いていますが完全に無保証でお願いします

mouse

 

2017.12.13 追記
修正版を作りました

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

XT対応終了

usb2xt

IBM純正Model-Fはさすがに手に入らなかったので Northgate OmniKey のXTモードで開発。

Print Screenだけ2度押さないと機能しない問題に半日悩んだけど、マニュアルにちゃんと 「when you press it twice.」って明記された… これってOmniKeyだけの仕様なのか、XTキーボードの仕様なのかどっちなんだろう?

Num Lockが有効な時と無効な時で挙動が変わりすぎて辛い。Num Lockオンだとカーソルキーが使えるんだけどShiftとの同時押しが利かない。だから範囲選択とか出来ない。Num Lockをオフにしてテンキー側でカーソル移動させる分にはShiftとの同時押しもちゃんと利いて範囲選択出来るんだけど、Num LockオフだとカーソルキーやPageUp/Downなんかが全部機能しなくなる…

まあ、カーソルキーとかPageUp/DownとかHome/Endは純正Model-Fには無い、後付けで拡張されたキーだから仕方ないのかも。

Dvorak配列に切り替えたり出来るけど、aoueiキーが全部左手側に集まるのはローマ字入力する際には悪くない気がしなくも無い。あと人を殴り殺せるくらい重い。ケースの下半分は全部鉄だし。

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+