カテゴリー別アーカイブ: 食事

土鍋でご飯を炊く、完結編

備忘録

とりあえずうちの環境ではこれが最終形ってことに。以下手順

  1. 土鍋に米1合(150g)をいれて、それを30分水にさらす
  2. 水は捨てて、改めて水200ccを土鍋に入れる
  3. 中火で5分→沸騰
  4. 沸騰したらとろ火にして6分→明らかに湯気の量が減る&土鍋の中でかすかに「パチパチ」という音がしてる
    (6分たっても湯気の量が減ってなければ+1分だけ追加)
  5. 火を止めて10分蒸らす

これでもおこげゼロと言う訳にはいかず、鍋底に若干のおこげが出来てる。でもこれまでの試行の中で一番おこげの量が少なく、ご飯の固さも固すぎず柔らかすぎずで全く文句ない。

割高な1合パックの無洗米を買ってきても100円、これでコンビニのおにぎり2個分。ご飯は自分で炊くに限ります(ただし手間隙は考慮しない)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

土鍋でご飯を炊く、2回目

備忘録

ちなみに前回炊いてから1週間あいてます。「面倒臭くなったか飽きたんだろ」と思われそうですが、土鍋はほぼ毎日使ってました。一玉30円のうどん玉がお手軽過ぎて止まらなかったので・・・あと白菜鍋がコスパ良すぎる上に美味しすぎて止まらない・・・白菜と豚バラ、白菜と鳥モモ、白菜と白身魚、どの組み合わせも最強すぎる。さらにそこにうどん玉を突っ込んで(以下略

さて、2回目の炊飯はこんな感じで。

  1. 米150gに対して水200ccを土鍋に入れて、そのままきっかり30分まつ
  2. 中火にかけて沸騰させる(実測5分)
  3. 沸騰したらとろ火にして7分待つ
  4. 7分後に火を止めて10分蒸らす
  5. 完成

明らかに前回よりおこげの量は減ったけど、それでもおこげは出来てる。

思うに、もしかして水200ccは少ないのかなぁ。固めのご飯の方が好きだけど、もうちょっとやわらかくても良い様な気もするし。30分水にさらしてお米に吸われる分もう少し増やすべきなのかな。

次回は水210ccで試してみる予定。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

土鍋でご飯を炊く

備忘録

前からチャレンジしたかった「一人用土鍋でご飯を炊く」をやってみました。用意したのは

  • ダイソーで売ってた108円の土鍋
  • スーパーで売ってた150g入りのお米(無洗米) 98円

です。以下手順

  1. 土鍋にお米150gと水200ccを入れる
  2. そのままきっかり30分放置
  3. 火にかける。最初は強火
  4. 土鍋の蓋の周りが泡立って来て沸騰したなと思ったら最弱火にする。
    ただ、ここで最弱火にしても多分手遅れで吹きこぼれます。土鍋はアルミ鍋なんかと違って土鍋自身が保持する熱も大きいので「吹きこぼれそう!まずい!」と思って弱火にしても手遅れです。私はやむを得ず一度火を止めて蓋を少し開けて、吹きこぼれが収まってから再度蓋をして弱火にしました
  5. 弱火の状態で10分待つ。(← これが多分今回のミスその1)
  6. 10分後に火を止めて、そのまま15分蒸らす。(これも多分今回のミスその2)

で、出来上がりですが盛大に焦げてました・・・

弱火10分はちょっと長すぎたようです。あと、15分蒸らしている間に結構冷めてしまった気がします。蒸らしてる間、土鍋を保温する工夫が必要だったかも。

ただ、焦げてないところのお米は抜群においしかったです!昔に小型炊飯器で炊いたご飯はあまり好きじゃなかったんですが、今日土鍋で炊いたお米は本当に美味しいと思いました。これで焦げが無ければ100点満点だったんですが・・・

次回は弱火時間を8分で試してみたいと思います

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+