カテゴリー別アーカイブ: 未分類

ss2usbの入力遅延について

SteamでUltraストリートファイター4が747円だったので購入。すばらしい。クリスマスセールか何かなのか、あるいはずっと前からこの値段で売ってたのかは分からないけど。

んでUSF4を使って、前からやろうと思っていた拙作のサターンコントローラ変換アダプタ(以下ssu2sb)の入力遅延を調べてみます。質問があるたびに「調べてません」って回答するのもなぁ、と思ってたので。

遅延の要素は「変換アダプタ」「OSのドライバ」「アプリケーション(ゲーム)」「ビデオドライバ」「液晶モニタ」とあらゆる所に存在するためなかなか定量的な評価が難しいのですが、ここではスティックコントローラの評価でよく行われる 「2つの異なるコントローラを使って、格ゲーで同時に小パンチを繰り出してどっちが打ち勝つか」 という相対的な評価を行いたいと思います。今回比較対象にはHORIのファイティングコマンダーPROを用意しました。ネットでの評判は比較的低遅延のようです。

とりあえずこんな回路を作ります

比較

フォトカプラは「電気的にON/OFF出来るスイッチ」位に考えて下さい。左側のスイッチをONにすると①と②が同時にONになります。①はss2usbにつながったサタパのXボタンに繋ぎ、②は今回比較対象としたHORIのファイティングコマンダーPROの□ボタンに繋ぎます。

比較

こんな感じです (左下のマイコンは無視して下さい。5Vをとるためにしか使っていません)

この2つのコントローラを使って、USF4のトレーニングモードでリュウの小パンチ対決を行った結果がこちらです。

小パンチを50回打ち合って、15勝0負35分で黒リュウの勝ちでした。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

Firmware v3 追加説明

スキャンコードの移動について

EEPROMの 0x00, 0x7D-0x7F, 0x80 の領域を設定用に空けるために一部のキーのスキャンコードを移動しました。
Firmware Ver2.xまでで作成していた設定ファイルを使用する際は以下の変更(と、使用未使用にかかわらずFnキー設定方法の変更。後述)を行ってください。

usb2sun
usb2pc98
usb2fmr
usb2adb
usb2ps2

続きを読む

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

WindowsXPのデバイスエラーについて

ファームウェア更新後、WindowsXPでアダプタが動かなく(キー入力が出来なく)なった場合の対応方法です。デバイスマネージャで

err01

このように「USBヒューマンインターフェイスデバイス」に “!” マークが付いていたら次の方法を試して下さい。

“!” マークの付いた「USBヒューマンインターフェイスデバイス」 上でマウス右クリックでメニューを出して「プロパティ」を選択して下さい

err02

プロパティウィンドウの「ドライバ」タブに切り替えて、「削除」ボタンを押して下さい。

err03

ドライバが削除されるとデバイスマネージャから “!” の付いた「USBヒューマンインターフェイスデバイス」が消えます。

err04

後はアダプタをUSBポートから一度抜いて、同じポートに刺しなおして下さい。ドライバのインストールが始まるはずです。ドライバのインストールが終わったらデバイスマネージャで USBヒューマンインターフェイスデバイスに “!” マークが付いていない事、およびキー入力が行える事を確認して下さい。

この作業は同様のエラーが発生するUSBポートごとに行って下さい。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

IIS10+ASP.NET

WindowsServer2016のIISで動くWebアプリを作ってた訳なんだけど、開発段階では特に問題なく動いてたのにリリース間近になったのでSSL対応したらファイルダウンロードがエラー起こすようになった問題。

しかもIE11は何の問題も無くてFirefoxだけ問題が生じる。FirefoxもHTTPなら特に問題ない。
ちなみにファイルのダウンロードはResponse.TransmitFile()でレスポンスに乗せて返す定番の方法。

んであれこれ試した見た感じだけど、ちゃんとResponse.End()でレスポンスの終了を伝えてあげないとFirefoxはHTTPSの場合に限りレスポンスが終了した事が分からなくて、来ないレスポンスを待った挙句ダウンロード失敗としてるんじゃないか?という印象。

Flush()した後にちゃんとEnd()してやればとりあえず 「ダウンロード元ファイルが読み取れないため~保存出来ませんでした」 とは言われなくなったかな。こんな所で小一時間悩んでしまった・・・

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

ffmpegでscale変換

俺メモ

ffmpedでaspect比を維持したままscaleを変えたいけど、Heightに-1を指定して自動調整にすると元動画のWidthによっては変換後Heightが奇数になる場合

例) 元動画 1280×720 → scale=322:-1 だとHeightは181になる

こんな感じでscaleを指定すると奇数にならないみたい

scale=322:trunc(ih/(iw/322)/2)*2

これで322×180のサイズになる

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

春の荒川

TOPの画像を差し替えました。新荒川大橋の上から旧岩淵水門方向を撮影したものです。赤いのが旧岩淵水門で、青いのが岩淵水門です。旧岩淵水門の右手、奥のほうにスカイツリーも見えてます。

桜が咲くまで後ほんの少しと言う感じです

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

retr0brightで黄ばみ取り

X68000 初代に付属のキーボードです

before

ちょっと凄すぎるでしょう(笑) ここまで黄色くなるのも凄い!一方でガワは塗装のお陰かやや黄ばんでいるものの、ほぼ元の色を保っています。

さすがにこれじゃあんまりなので、週末を使って黄ばみ取りを行いました。例によって3%過酸化水素(近所のダイエーで売ってた漂白剤128円)とブラックライト使用です。

で、これが脱色後

after

ちょっと凄すぎるでしょう(笑)

ただ写真じゃ分かりづらいですが、脱色しすぎてキーの表面が元より白っぽくなっています。黄ばみが凄かったのでいつもより時間をかけて(48時間位) 念入りに脱色したんですが、あまり時間をかけすぎてもダメなのね・・・

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

携帯電話

とあるコミックより。こういう携帯電話出してくれませんかね。ほとんど着信しかなく、かける場合もほぼ固定の相手だけ、と言う場合はシンプルでいいと思うんですよねえ。タッチパネルじゃなくて独立したスイッチが欲しいんですよ。

phone1

phone2

後者はIpodを模しただけでしょうけど。そういえば、iPhone6の発表の裏でついにiPod Classicが消滅して、ホイールクリック搭載のデバイスは完全に姿を消すようですね。デザイン的にホイールクリックが好きなだけに残念です。

ちなみに、バッテリが膨張・爆発する(かもしれない)初代iPod nano 4GBを所有してますが、交換プログラムに出すと初代nanoではなくて最新の7G nano (16GB) に交換されてしまうとのことでまだ交換出来ていません。7G nanoの方があらゆる面でスペック上なんですけどね。初代nanoのデザインはcoolで最高です。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+