カテゴリー別アーカイブ: キーボード

東プレ MD01B0

近所のハードオフのジャンク箱に300円で入ってたのでゲット

DSC01227

静電容量無接点、薄型、ゴム椀らしからぬクリック感。鉄板プレート。

特殊配列がいまいちというレビューもあるけど、40%や60%のキーボードが流行ってるような昨今だからなぁ。あんまり気にならないかな

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

configtool (コマンドライン版)

1 Safariでup0036.zipをダウンロードします。通常ならダウンロードフォルダに保存されます

スクリーンショット 2019-06-20 22.31.19

2 このup0036.zipを開きます。通常ならダウンロードフォルダ内に展開されて configtool_osx というフォルダが出来ます

スクリーンショット 2019-06-20 22.32.44

3 この configtool_osx フォルダを開くと、中にimport というファイルが1つ存在します。これが実行ファイルです

スクリーンショット 2019-06-20 22.33.00

4 事前に開いておいたターミナル(※ターミナルの開き方は省略します)に、このimportをマウスでドラッグ&ドロップします。ターミナルにフルパスでimportが記述されるはずです

スクリーンショット 2019-06-20 22.34.04

5 ” -f ” までキーボードから入力して(’-f’ の前後にスペースがあります)、続けて読み込みたい設定ファイルをドラッグ&ドロップします。設定ファイルのフルパスがターミナルに反映されます。下図ではデスクトップ上に置いてある設定ファイルで手順を行った場合の例です。

スクリーンショット 2019-06-20 22.38.13

6 ここまでの手順が終わったら、設定変更を行いたいアダプタをメンテナンスモードにした後に、ターミナル上でエンターキーを押します。この為には別のUSBキーボードをもう一枚用意するか、下図のようにソフトウェアキーボードを併用する必要があります。(ソフトウェアキーボードの出し方は省略します)

スクリーンショット 2019-06-20 22.45.20

7 正しい手順で進んでいれば “device found” というメッセージが表示されてしばらくした後、プログラムが終了します。その後、設定を反映させるためにアダプタを一度Macから取り外して再度USBポートに繋いで下さい

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

PC-9801-114 (その2

いわゆるPC-PTOSキーボード

とりあえず解析&対応完了。3つあるLEDもCapsLock、NumLock、ScrollLockにそれぞれ対応。一部のキー(PF16~PF22)のスキャンコードが2バイトに拡張されてたのがちょっと予想外だったけど。

DSC01213

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

X1 Turbo Z 追記

そういやFM11やFM16βのキーボードが「キーを押したときにキーに書かれた文字コードを返す」タイプのキーボードでした。(エンコードモードの場合。FM16βのキーボードはこれとは別にスキャンモードというモードもあって、こちらはキー固有のスキャンコードを返す。はず)

FM16βのキーボードは既に入手済み。エンコードモードについてはある程度資料もあるので変換機を作ろうと思えば作れるんだけど、出来ればスキャンモードで動かしたい訳で。

FM16βのキーボードのモードを変更してスキャンモードにする方法をご存知の方、いらっしゃいましたらこっそり教えて下さい。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

X1 turbo Z

X1T

いろんなキーボードの信号を見てきたつもりだけど、こんな変態仕様は初めて見た。キーを押したときにキー固有のスキャンコードを返すのではなく、キーに割り当てられた文字のキャラクタコードを返す。しかし、Aキー単独押下とSHIFT同時押下で返すキーコード変えるのって当時はメリットあったんかな?

キースイッチそのものはX68000後期型と同じALPS黄軸なのでキータッチに違和感は無いんだけど。文字を打つだけならキー3列分ほど横がコンパクトなんで机が広く使えていいかも。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

GW

の間に、とっくに完成してるんだけどサポートページを作ってない「PC-8801 mkII SR キーボード用」「PC-8801シリーズ後期型キーボード用」「NeXT non ADBキーボード用」「IBM-PC/XT用」アダプタのサポートページを書くぞと思ってたんだけど、書かずに終わりそう。GWはまだ4日あるけど。

もし興味アリという方がいましたらメールで直接問い合わせ下さい。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

PC-8801mkII SR

DSC01169

キーボード

PC8801mk2SR

キーコード

PC8801mk2SR_code

色々足りないキーが多いのでFnキー併用とCAPS/カナキーのロック解除改造は必須と思う

設定例として当方の設定

PC8801mk2SR_Layer0

Fn同時押しの場合

PC8801mk2SR_Layer1

なおMS-IMEの設定を変更して、無変換キー単独でIME-ON/OFFのトグル動作になるようにしています。あと、「Shift + CapsLock」のマクロを定義した上で、Fn + CAPS はマクロ呼び出し(つまり Shift + CapsLock)にしています。(Fn + Shift + CAPS はさすがに面倒だったので)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+