NeXT non ADB keyboard

とりあえず使えるようになったので。

DSC01147

初期化処理はもうちょっと見直したほうがよさそう。

探せばATMEGAやArduinoでの実装例が見つかるけど「PIC用にコピーリスペクトしただけなんじゃないの」と思われるのもアレなので、信号処理周りは独自に考えてみたつもり。と言っても19000bpsのシリアル通信に見立ててUARTモジュールに処理させただけ。

あと世の中の情報じゃ「1bitは50μs」って書かれてるページがほとんどだけど実際はもう少しだけ長くて52.6μsくらいのような気がする

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

Firmware v3 追加説明

スキャンコードの移動について

EEPROMの 0x00, 0x7D-0x7F, 0x80 の領域を設定用に空けるために一部のキーのスキャンコードを移動しました。
作成済みの設定ファイルを使用する際は以下の変更(と、使用未使用にかかわらずFnキー設定方法の変更。後述)を行ってください。

usb2sun
usb2pc98
usb2fmr
usb2adb
usb2ps2

続きを読む

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

Firmware ver3 準備中

現在、キーボードUSB変換アダプタの次バージョン(version3.0) のリリースを準備中です。
変更点は次の通りです。(USB2PS2、USB2FMRについては途中のバージョンアップをリリースしていませんので、ver1→ver2における変更内容も併せてご確認ください)

 

問題改善

  1. Intel mac機においてEFI/BIOS画面でキーボード入力が出来ないケースへ対応しました。
  2. OSX/macOSにおいて日本語固有キー (英数やかな、「ろ」キーなど) が入力出来ないケースへ対応しました

続きを読む

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

WindowsXPのデバイスエラーについて

ファームウェア更新後、WindowsXPでアダプタが動かなく(キー入力が出来なく)なった場合の対応方法です。デバイスマネージャで

err01

このように「USBヒューマンインターフェイスデバイス」に “!” マークが付いていたら次の方法を試して下さい。

“!” マークの付いた「USBヒューマンインターフェイスデバイス」 上でマウス右クリックでメニューを出して「プロパティ」を選択して下さい

err02

プロパティウィンドウの「ドライバ」タブに切り替えて、「削除」ボタンを押して下さい。

err03

ドライバが削除されるとデバイスマネージャから “!” の付いた「USBヒューマンインターフェイスデバイス」が消えます。

err04

後はアダプタをUSBポートから一度抜いて、同じポートに刺しなおして下さい。ドライバのインストールが始まるはずです。ドライバのインストールが終わったらデバイスマネージャで USBヒューマンインターフェイスデバイスに “!” マークが付いていない事、およびキー入力が行える事を確認して下さい。

この作業は同様のエラーが発生するUSBポートごとに行って下さい。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

USB2PC88

PC-8801用キーボード(後期タイプ)をUSB変換してWindowsで使うためのアダプタ。

PrintScreenやらScrollLockやらいくつかのキーは存在しないのでその辺は例によってFnキー併用で対応。

usb2pc88_3

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

IIS10+ASP.NET

WindowsServer2016のIISで動くWebアプリを作ってた訳なんだけど、開発段階では特に問題なく動いてたのにリリース間近になったのでSSL対応したらファイルダウンロードがエラー起こすようになった問題。

しかもIE11は何の問題も無くてFirefoxだけ問題が生じる。FirefoxもHTTPなら特に問題ない。
ちなみにファイルのダウンロードはResponse.TransmitFile()でレスポンスに乗せて返す定番の方法。

んであれこれ試した見た感じだけど、ちゃんとResponse.End()でレスポンスの終了を伝えてあげないとFirefoxはHTTPSの場合に限りレスポンスが終了した事が分からなくて、来ないレスポンスを待った挙句ダウンロード失敗としてるんじゃないか?という印象。

Flush()した後にちゃんとEnd()してやればとりあえず 「ダウンロード元ファイルが読み取れないため~保存出来ませんでした」 とは言われなくなったかな。こんな所で小一時間悩んでしまった・・・

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

USB2ADB 実験版Firmware 20170410

取り急ぎ置いておきます
USB2ADBの実験版ファームウェアを更新しました。以下のリンクからダウンロード可能です (DLパスワード、解凍パスワードとも共通で 「d*******t」 です)

usb2adb_20170410実験版

 

Apple Adjustable Keyboardのメディアキーに対応しました。Mute/VolumeUp/VolumeDown/Micのそれぞれのボタンに任意の機能を割り当て可能です。詳しくは添付の設定ファイル内コメントを参照して下さい。

Adjustable KeyboardのcapsLockキーはキーボード内マイコンによるソフトウェアロック制御です。Windowsで使う場合はMake/Breakコードの生成を有効にして下さい。また、LEDは正しい状態を示さない場合があります。

最下段(スペースバーの段)のキーが少なすぎてFnに使えそうなキーが無くてM0116以上に使い辛いです。テンキーパッドにFunctionキーが全部揃ってると言ってもいちいちあっちを押すのも煩わしいですし。せめてcommandキーの左右の区別があったらなぁ・・・

続きを読む

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

ffmpegでscale変換

俺メモ

ffmpedでaspect比を維持したままscaleを変えたいけど、Heightに-1を指定して自動調整にすると元動画のWidthによっては変換後Heightが奇数になる場合

例) 元動画 1280×720 → scale=322:-1 だとHeightは181になる

こんな感じでscaleを指定すると奇数にならないみたい

scale=322:trunc(ih/(iw/322)/2)*2

これで322×180のサイズになる

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+