ADBキーボードの変換器

週末を使ってADBキーボードの変換器を考えてみました。

最終的なゴールはADB-USB変換アダプタを作ることですが、とりあえず調査とか実験のためにADB-シリアル変換器を作ってみました。こんな感じです。後に写ってるキーボードは NeXT用です。

ADB_SERIAL1

8pinのPICが1つと抵抗2本、パスコン1個と言う非常にシンプルな構成です。これでADBの信号をシリアル出力に変換します。一応、シリアル出力は「2400bps、ストップビット1、パリティ無し」で、送信するデータは「最上位1bitがMake/Breakフラグで、下位7bitがスキャンコード」としています。つまり

ADB_SERIAL3

こういう事が出来ると言う訳で。X68にADBキーボードを繋いだ例はこれがX68史上初めてなんじゃないかと(笑

で、とりあえず シリアル to USB変換器 X68キーボードUSB変換器とカスケードに繋いで

ADB_SERIAL4

この状態でADBキーボードをUSB変換して使ってますが、今のところ快調に動いています。ここまで来れば、機能を1チップに集約するのも容易そうです。多分

 

追記
USB-ADB変換アダプタが出来ました

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です