PIC機能差

良く使うPICについて

18F14K50 16F1455 12F1822
DIPのPIN数 20 14 8
Flashメモリ 8k word 8k word 2k word
SRAM 768 byte 1024 byte 128 byte
EEPROM 256 byte  なし 256 byte
USB機能 あり あり なし
I/Oピン 13
(RA3,RB4-7,RC0-7)
9
(RA3-5,RC0-5)
6
(RA0-5)
クロック源 外付け12MHzをPLLで48MHz 内蔵16MHzをPLLで48MHz 内蔵8MHzをPLLで32MHz
内部pull-up RAとRB RA RA
割込レベル 2レベル なし なし
INT外部割込み 3つ(RC0-2) 1つ(RC1) 1つ(RA2)
(状態変化割込み IOC)
使えるピン RAとRB RA RA
状態が変化したピンの
判別レジスタ(F)
ない ある ある
トリガエッジを選択する
レジスタ(P,N)
ない ある ある

なんていうのか、痛し痒し?帯に短き襷に長し?

EEPROMが無くてもいいなら問答無用で16F1455。ただし内部pull-upが使えるポートは非常に少ない。割込みレベルが1レベルしか無いのはまあ無視出来る。SRAMも大きいので、どうしてもEEPROMが必要ならI2CでSerialEEPROMを繋いでSRAMに展開してしまえばいいかな。状態変化割込みも使いやすい。問題は、16F145xは入手性に難があること。(と言っても送料の安いRSで買えるけど)

国内入手性を考えると秋葉原で200円で買える18F14K50が使いたいんだけど、状態変化割り込みが低機能で使い辛い。じゃあ3つもあるINT割り込みを、と言いたいけどその場合は内部Pull-upが併用出来ない。水晶は外付け必須

16F1455にEEPROMを内蔵したものが出てくれないかな

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です