FM-TOWNSキーボードのUSB変換(続

ついかっとなって買ってしまった。少し後悔している

FMT-KB205とUSB変換アダプタ

FMT-KB205、いわゆる親指シフトキーボードです。もともとアダプタはJISキーボードと親指シフトキーボードを自動で判別してキー配置を個別に対応していたんですが、実機確認のために買ってしまいました。 案の定、キーコード変換のバグが見つかったのでやはり実記動作確認は大切です。

FM-TOWNS用のキーボードはALTキーが存在するもの(FMT-KB107、FMT-KB207など)と、ALTキーが存在しないものがあります。今回購入したFMT-KB205はALTキーが存在しないキーボードです。今時のWindowsで使うのにALTキーが無いのはさすがに辛すぎます。JISキーボードは最下段のキーに余裕があるので振り替え可能なんですが、今回のFMT-KB205は最下段に最低限のキーしかないのでALTに振り返られそうなキーがありません。

また、左側の「英字、カタカナ/英小文字」キーや、親指シフトキーボードを最も特徴付けている「親指左、親指右」をUSBキーボードのどのキーにマップするかも悩ましいところです。この辺り、多分使う人によって好みが大いに分かれそうです。

やっぱりキーマップのカスタマイズ機能は必須かなぁ。JISキーボードだとあんまり必要性感じないんですが、親指シフトキーボードだと無いと辛そう

 

追記
→ 結局キーマップのカスタマイズ機能もつけました

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です