設定ファイルの記述について

俺メモ

設定ファイルの記述について補足

使い慣れたテキストエディタ(メモ帳とか)でプレーンなテキストファイルに設定を記述して、それをツールを使ってアダプタにインポートします。

設定ファイルは SJIS か UTF-8 (bomなし) で記述して下さい。改行コードは CRLF、CR、LF どれでも構いません。

設定ファイルには EEPROM に書き込む内容を “<EEPROMアドレス>,<値>” の書式で記述します。アドレス順になっている必要はありませんし、EEPROMの全256byte分が記述されている必要もありません。

 

記述のサンプルです

;
; 設定ファイルサンプル
;
00,A5       ;  0x00 は必ず A5 にする
;
01,04       ;  Scancode 0x01 を返すキーが押されたら A  (0x04) の入力を発生させる
02,1E
03,28
04,E0
;
7D,$00000011       ; 設定2
FF,$01100100        ; 設定1

 

設定ファイルには1行に1バイト分の値を <EEPROMアドレス>, <設定値> の書式で記述します。セミコロン以降の文字はコメントとして無視します。行頭にセミコロンがあればその行はコメント行とみなします。

値は16進数で記述します。なお値の先頭に “$” をつけると2進数で記述出来ます(8bitで記述して下さい)

 

基本的には設定ファイルの雛形をダウンロードして頂いて、それをお好みでカスタマイズするのがよいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です