USB2ADB 実験版Firmware 20161010

USB2ADBの実験版ファームウェアを公開します。ダウンロードは以下からどうぞ(パスワードが掛かっています。DLパスワード、解凍パスワードとも共通の「d*******t」です)

usb2adb_20161010

 

Fnキーをワンショットモデファイアキーとして使えるようにしました。例えばスペースバー左側のGravキーをFnキーとして使う場合

  • 単独で打鍵するとGravキーとして機能
  • 任意のキーと組み合わせて打鍵するとFnキーとして機能

となります。従来どおり、Fnキー専用にして使うことも可能です。

ワンショットモデファイアキーとして使用した場合、以下の制約があります。

  • 単独で打鍵した場合、キーを押しっぱなしにしてもリピートが発生しない
  • 単独で打鍵した場合、キーを「離した」タイミングでPCに「キーON&OFF」が通知される

単独打鍵か否かの判定を「Fnキーが押下されてから開放されるまでの間に他のキーの押下があったか?」という条件でチェックしており、キーが離されるまで単独打鍵か否か判断が出来ないためです。

特に弊害も無いのでFnキーの機能を使用する場合はワンショットモデファイアキーの設定をデフォルトにしてしまって良いかと思います。

なお設定ファイルの記述が少し変更になっています。詳細は設定ファイル冒頭のコメントをご覧ください。

設定の都合上Fnキーは1個しか指定出来なくなります。2個以上指定したいのでこの仕様は困る、と言う方がいましたらコメントで教えて下さい。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です